協会概要

当協会の概要ページです

ご挨拶

右脳

一般社団法人 日本右脳記憶教育協会代表理事の本田右志です。

1981年、ロジャー・スペリーが「分割脳」の研究でノーベル賞を受賞して以来、ブラックボックスとされていた脳の研究が盛んとなり、脳のしくみが徐々に解明されてきました。

今日では、脳の研究発展とともに、脳のしくみに応じた合理的かつ効果的なトレーニング法「イメージトレーニング」や「メンタルトレーニング」「右脳トレーニング」などが開発され、スポーツ・芸術・教育など、あらゆる分野で取り入れられております。

しかし、日本の教育業界においては、本来人間の脳の働きを発揮できるような教育ではなく、ただ知識を詰め込むだけの教育がなされているのが現状です。

そのような日本の教育現状をみた時、私たちの推奨する『右脳記憶教育』は、脳の働きをより有効活用して子どもたちが簡単に記憶し、何より学ぶ楽しさを身に着けることができるものです。

私たちは、『右脳記憶教育』こそが、いまの教育システムを変えるものだと確信し、一般社団法人 日本右脳記憶教育協会の立ち上げに踏み切りました。

一人ひとりが本来もっている素晴らしい才能に目覚めることによって、人間力あふれ、人のために、社会のために貢献できる人材育成の一助を担えればと思っております。

一般社団法人 日本右脳記憶教育協会

協会理念

協会理念

私たちは、右脳記憶教育を通して、すべての人たちに自分の持つ脳力の素晴らしさと無限の可能性を知ってもらい、その脳力を最大に発揮することにより、人生はもとより社会に貢献できる人材育成を目指していきます。

右脳記憶教育を乳幼児期から実践することにより、限りなく脳が活性化され右脳、左脳共にバランスの取れた全脳能力が発揮され、そして、そのことにより
すべての子どもたちの夢を叶えられるサポートをします。

協会方針

協会方針
一、私たちは、異なる意見や考えを尊重します
一、私たちは、喜び、楽しさ、嬉しさを多くの人たちと共有します
一、私たちは、今を感謝して生きる事を誇りとします

協会人材教育

協会人材教育
方 針
当協会に於ける会員は、皆が財産であることを念頭において教育を進めます。
また、会員であると同時に協会内起業家を目指す一人ひとりになって欲しいと願っております。
そのことにより自ずと自ら意識をして学ぶことの大切さを知り、知識、情報の獲得に積極的取り組む事となります。

目 標
一、「人を育てる心こそ 我を育てる心なりけり」をモットーとしてみんなが教えることを喜びとして指導者を目指していきます。

一、協会内に限らず協会外での異業種交流を積極的に企画をして枠を超えた交流を通して、それぞれの成長を目指します。

一、「駕籠に乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋を作る人」をモットーとして、それぞれの立場や職業を超えて関わりを持ちながら、お互いに切磋琢磨し共存共栄を目指します。その中で、それぞれが人脈を拡げて自身の成長を目指していくことを目標とした協会を構築していきます。

協会メンバー

代表理事 本田 右志

代表理事 本田 右志

経歴

1953年 鹿児島県奄美大島生まれ
1987年~2010年 株式会社 七田チャイルドアカデミー(最終職位 取締役副社長)

七田チャイルドアカデミー創立時メンバーとして、七田 眞先生と一緒に、当時は全く認知のなかった「幼児教育」を啓蒙し、全国450教室まで拡大させた経験と実績を持つ。
自身が手掛けた事業によって教育を受けた生徒総数は約38.000名を誇り、一躍同社を業界トップの教育企業へと成長させる。

退職後、日本の教育業界における「詰め込み型」の教育法に疑問を感じ、脳の仕組みに応じた合理的かつ効果的な教育法を啓蒙したいとの想いで、「一般社団法人 日本右脳記憶教育協会」を設立。代表理事に就任。
現在は右脳記憶教育を通して、たくさんの皆さんの脳力を最大限発揮する事で、人生はもとより社会に広く貢献できる人材育成を目指しています。
また、合わせて自身の経験から、離島や地方都市の子どもたちと首都圏及び都市部在住の子どもたちの学力格差が事実として生じているところを解消したいとの想いから、オンライン学習システム「エイドネット」を知人と設立して、そのシステムの認知普及活動を実践中です。
現在、
*株式会社 シグマ・5 代表取締役社長
*オンライン家庭教師エイドネット事業本部長
*一般財団法人 日本教科別能力検定協会 大阪営業本部
*事業テーマ:「教育」と「奄美大島」

 

中山 淳子 中山 淳子

2018年10月6日発売
アマゾン、全国書店で絶賛販売中!!

理事 中山 淳子

ママの輝く明日を応援するDomani(ドマーニ)代表
NPO法人ママワーク研究所理事。約20年間、七田チャイルドアカデミーで勤務(九州・沖縄本部長、東京本部長、企画運営 を歴任)した後、独立。各種教育機関のコンサルティングや、アドバイザーとして活動中。
NPO法人ママワーク研究所では、定期的に「子育てと仕事のバランス講座」の講師を担当。またこれから「一歩社会に出るために」「学びたい」ママたちや、「スキルアップしたい」ママたちのためのスクール運営担当。
現在フリーペーパー数誌や、教育機関のメールマガジンなどに、子育て支援関連エッセイや仕事と子育ての両立を頑張るママを応援するエッセイも定期的に寄稿。
ライフワークとして、毎日頑張っているママ達に「学ぶ楽しさ」「子育ての楽しさ」「子育てと仕事をどちらも楽しむ方法」を提供する場(ママのご褒美サロン)を九州各地で定期開催。福岡市東区在住。
RKB「今日感テレビ」レギュラーコメンテーターとしても1年間活躍。
2017年4月よりTNCテレビ西日本(フジテレビ系列)の老舗の情報番組「ももち浜ストア」 に3ヶ月間コメンテーターとして出演することが決まりました。

 

川口 太一

理事 川口 太一

1994年~2015年 日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)在職
現 在
ママカフェ MAHALOHA(マハロハ)代表
株式会社サンモリッツアーツ 取締役
ママカフェの代表として子育て中のママさん方の憩いの場となるよう日々奮闘中です。
また、知育玩具の開発・製造・販売に携わり、子供から大人まで幅広い年代で長く楽しめ、世代間を繋ぐコミュニケーションツールとして遊べる玩具作りを目指しています。
自分自身も二児の父親として子供たちのために楽しい玩具や教育を求めて勉強中です。
これからも子供たち、本協会と一緒に成長していければ楽しく、ワクワクの人生を過ごせると楽しみにしています。

 

森山 恵吾

特別顧問 森山 恵吾

株式会社サンモリッツアーツ代表取締役
おもちゃコンサルタント

30余年公文教育研究会・くもん出版に勤務。知育玩具や教材開発・幼児指導研究に携わりました。2014年定年退職後、教具開発会社を設立して現在に至ります。
オリジナル商品「アーツブロック」は、八王子市中小企業新商品認定制度の認定商品です。また株式会社サンモリッツアーツは東京都中小企業振興公社のニューマーケット開拓支援企業です。
手は外部の脳といわれるほど手と脳は密接な関係があります。手を使って考え考えながら手を使うことが脳の発達には大変有効であると現在の脳科学の研究からわかっています。
日本右脳記憶教育協会の教具は、まさに脳を上手に使って能力を開発するオリジナル性の高い教具です。株式会社サンモリッツアーツは日本右脳記憶教育協会とともにより楽しくより効果の高い教具開発を目指します。

小山田 里美

認定インストラクター 小山田 里美

1997年に保育士の資格を取得後、八王子市の認可保育園で主任経験を含め19年勤務

現在ママカフェMAHALOHA(マハロハ)託児室担当保育士として勤務
ママたち、子どもたちに安心できる場所づくりをしています。

〈保有資格〉
○保育士資格
○幼稚園教論2種免許
○一般社団法人 日本アタッチメント育児協会
・ABMアタッチメント・ベビーマッサージ インストラクター
・育児セラピスト2級
○一般社団法人 日本右脳記憶教育協会
・第1号認定インストラクター

乳幼児期の子どもたちにより良い環境、刺激を与える豊かな働きかけは将来に対する貴重な種蒔きになります。
協会インストラクターとして、子どもたちの好奇心をやる気につなげ自ら学ぶ意欲へと育てるサポートをしていきたいと思います。